現代の複合機にはEメールプリント機能が必須

何回か複合機を買い換えているうちに、スマホとタブレットの時代になりました。

最初は読書用として購入したタブレットが、いつしかメイン機になっていき、Officeソフトなども使えるようになってきたため、検索用のパソコンを側に起きながらタブレットをメイン機で使うことが多くなっています。

そんな中で困っていたのが印刷です。

タブレットで作った文書や、スマホで撮った画像などは、いちいちパソコンに転送してからプリントしていて、手間がかかっていました。

タブレット端末は、拡張性に関してはパソコンよりはるかに劣ります。

ただ携帯性が高く、どこでもパッと開いて仕事ができるという点ではパソコンをはるかに凌ぎます。

プリンターとの接続だけがネックでした。

そんな時、通販サイトで3500円、という非常に値頃な複合機を見つけたので注文しました。

プリンターは、故障に備えて常時2台使っていたのが、たまたまその時は1台しか使っていなかったからです。

選んだポイントは、値段のほかにも無線機能搭載という部分に惹かれてのことでした。

もはや無線プリントは当たり前だったので、タブレット用に一台は欲しかったのです。

無線プリントができて複合機で3500円は凄いな、と思いながら、到着した複合機をセッティングしていたら、なんとEメールプリントまで出来ることがわかり、ビックリしました。

Eメールプリントは、当の複合機とタブレット端末を接続していなくても、専用アプリを使ってセッティングして、複合機に割り振られたEメールアドレスに、スマホやタブレットから文書や写真を送信し、受信した複合機がプリントする、という機能です。

これは非常に助かりましたね。外出先で撮った写真や、作成した資料、文書などをどんどんEメールで送信し、家に帰ればすべてプリントアウトされているのですから、かなりの時短になりました。

あと、家でタブレット端末と複合機を接続するために、わざわざタブレット端末の接続先をモバイルルーターからプリンターに変える手間もかかりません。

Eメールプリントの印刷結果は、普通に無線LAN上でプリンターと接続したときの印刷結果よりは良くないですが、とりあえず中身がハードコピーできればいいなら、Eメールプリントで十分なんです。

これで無線機能のない複合機はあまり使わず、そちらはもっぱらコピー機がわりになっています。

3500円という、とんでもないコストパフォーマンスの複合機は、2年弱使えればいい方だと思っていたら、なんと購入後2年半経った現在でも、どこにも不具合なく修理に出すこともなく使えています。

もちろん、複合機の強みであるコピー、スキャナ機能も健在、お正月が来れば年賀状も印刷します。

忙しい年末は、年賀状印刷もEメールプリントでやってしまうこともあります。

スマホ・タブレットをハードユースするなら、Eメールプリント機能付きの複合機はもはや必需品と言っていいでしょうね。